男の人

大型の産廃もパワフルに処理できる破砕機|安全に廃油処理できる製品

混合土砂も綺麗に選別

女性スタッフ

建設現場で発生した瓦礫は、産業廃棄物処理工場へ持っていく前にしっかりと選別を行なわなければなりません。処理工場の中には、無分別の状態の瓦礫も引き取ってくれるところもあります。しかし、無分別の瓦礫は工場のスタッフが選別することとなるので、人件費などの費用は処理を依頼した会社へ請求されることになります。安い価格で産業廃棄物処理を依頼するには、必ず瓦礫選別を行なう必要があるのです。建物を解体した場合、瓦礫にはさまざまな素材が混ざりこんでしまいます。セメントやガラス片、木材チップなどに加え、土地にあった石や砂まで混合されてしまうので、手作業で分別を行なうのは難しいでしょう。機械によって自動で瓦礫ごとに選別ができれば、解体処理の業務もスムーズに行なえます。瓦礫選別において高い機能性を発揮するのが、スクリーンと呼ばれる機器です。振動やスイング運動によって、大量の瓦礫を素材ごとに素早く選別できるため、解体作業を行なう現場では欠かせない機器なのです。

瓦礫選別に使用するスクリーンは、現場で作業を行なう人にとって使いづらいと感じる面もあるでしょう。トロンメルなどで選別した瓦礫を積み込む場合、パワーショベルを使って瓦礫をスクリーンへ詰め込みます。しかし、スクリーンの詰め込み口が狭い機器ですと、ショベルの土砂が端にこぼれてしまうので、何度も詰め直す必要があったのです。そこで最近では、こぼれることを防止するために詰め込み口がワイドなスクリーンが販売されています。瓦礫選別もショベルでスムーズに行なえるので、作業員の負担も軽減できます。また、上部に着脱式ホッパーを設置している機器もあるので、稼働中に瓦礫が機器からこぼれる心配もないのです。